アメリカ不動産投資は地域的な選別も重要な要素になりうる

住宅

米国不動産投資の魅力

作業員男性

米国不動産の今後の動向

日本では低金利環境が長期化しており、高い利回りを生む投資商品が慢性的に不足しています。従来は長期金利が高かったため、銀行の普通預金や定期預金に預け入れをしていればそれなりの運用収益を生む事が出来ましたが、現在では金利はほぼゼロとなっており、殆ど収益を生まない状況となっています。そのため日本の投資家は相対的に高い利回りを得られる海外投資を積極的に行っており、特にアメリカ不動産投資が人気を集めています。アメリカ不動産投資は2000年代後半の世界金融危機を受け一時的に低迷しましたが、2010年代以降は再び活況を取り戻しています。米国不動産市場は取引量が多く市場の透明性が高いため海外投資家からの人気が高く、今後もこうした傾向は継続すると予想されています。

リターン向上のための工夫

アメリカ不動産投資で成功するためのポイントは大きく2つあります。まず1点目は安定したテナント需要が見込めるエリアの不動産物件を購入するという事です。アメリカは国土が非常に広く、エリアによってテナント需要の高低に大きな差があるため、需要の高いエリアを見極めて投資を行う必要があります。第二のポイントは税務対策をしっかりと行う事です。アメリカ不動産投資は海外で行う投資であるため、投資に関する税金はアメリカの税法や法律に基づく事になります。アメリカの税法は非常に複雑であるため、現地の税法に精通した税理士を雇用するなどして税務対策をしっかりと行う事が、安定したリターンを確保するために重要なポイントとなります。