アメリカ不動産投資は地域的な選別も重要な要素になりうる

住宅

アメリカの不動産への投資

集合住宅

米国不動産投資の特徴

アメリカ不動産投資とはその名の通り、アメリカに所在する不動産物件に投資を行うものです。アメリカ不動産投資は相対的に高い利回りを確保出来る可能性が高い事から、個人投資家のみならず機関投資家の間でも人気を集めている投資手法です。アメリカ不動産投資の特徴としては、まず第一に物件タイプの種類が多いという点です。日本では不動産投資の対象となるのはアパートやマンション、それにオフィスビルが中心ですが、アメリカではこれらの物件タイプに加えて倉庫や学生寮、さらには医療センター等も主要な物件タイプとして含まれてきます。第二の特徴としては、長期リースが多いという点です。日本では短期リースが主流ですが、米国では長期リースが主流であるため、キャッシュフローの安定性が高いのです。

今後の相場見通し

アメリカの不動産価格は物件価格のアップダウンが比較的激しいことで知られています。例えば2000年代初めから2000年半ばにかけ、アメリカの不動産価格は約30パーセント程度上昇しました。しかし、その後2000年代後半に世界金融危機が発生すると、アメリカの不動産価格は約30パーセントから50パーセント程度下落しました。このようにアメリカ不動産投資は日本の不動産価格よりアップダウンが激しい傾向があり、こうしたアップダウンが激しい傾向は今後も継続すると考えられます。しかし、2010年以降米国経済は力強い回復を見せており、不動産価格も順調に上昇を続けており、こうしたアップトレンドは暫くは継続すると予想されています。